隙あらば晩夏の入りこむ日暮  久留島元
 柿二つ売れたら犬の目を買いに

その言葉を使う大義名分みたいなものを考えながら
句を書いている。
大義名分とは大風呂敷ではあるけれど
言葉の必然性が発見できるほうがいいとは思う。
たとえば、2句目。きっと其角?の
 鐘ひとつ売れぬ日はなし江戸の春
このパロディーである。
しかし、パロディーを超えて
其角以上の俳句になっていると評価したい?
「柿二つ売れたら」は大義名分のある言葉だと
承認したいのだ!!
[PR]
by 08genki | 2015-05-26 14:49

 吾を覚ます水ひっそりろ涸れにけり  伊藤蕃果
 波音のしづかに団扇使ひけり

密やかな息遣いだけが聞こえてくる。
作品を読んでいて、最初は
作者は女性かと思った。
強さより静かさ、
鮮やかさより淡さみたいなものが漂い、
読む人の心を沈静化させてくれる・・・。
こんな靜かな世界、
あまり経験したことがない。
[PR]
by 08genki | 2015-05-26 14:43

 オクラオクラ俎上に生みしお星様  舩井春奈
 待ち人は来ず来ぬ来るか時鳥

変わったリズムを持った人だと思う。
1句目「オクラオクラ」と叫ばれると
呪文を欠けられたような気分に陥る。
しかし、後の展開から、その呪文は
ただの叫びであり、普通の日常の表現とわかる。
2句目の「来ず来ぬ来るか」も不思議な呪文。
この人は「呪文作家」?
[PR]
by 08genki | 2015-05-26 14:40

一枚の写真、ひとつの言葉、それは思い出のための記念写真のようなもの。